収入の格差が学力の格差にならない社会に

収入の格差が学力の格差といわれ、最近ますますその格差が大きくなっています。理系の私立大学ともなるとその受験費用・入学金・授業料の合計金額を見ると目の前が真っ暗に、まさにブラックアウトしそうな金額になります。

大学生の約半数が何らかの奨学金を利用しながら学費を支払っています。その学費融資の奨学金も2種類あります。第一種奨学金は無利息でお金を借りる方法です。第二種奨学金は利息付きの奨学金です。

誰もが無利子が良いのは当たり前ですが、第一種奨学金を受けるには成績のボーダーラインがあるのです。こんなこそとなら高校に戻ってもう一度勉強しなおしたいと思っても時すでに遅しなのです。

この奨学金、言い方をければ貸与奨学金つまり教育ローンという事になります。ほとんどの学生が自分名義のローン初心者でこれはかなりの重荷になります。

受験勉強からやっと逃れて、希望の学部に入り大好きな研究や専門的な勉強をすることが出来るのは大学4年生になってからです。それまでに学費などの金銭的事情で退学する生徒が少しでも少なくなることを望みます。

 

プロミスは複数の申し込み方法から自分に合ったものを選べる

プロミスはインターネットから気軽に申し込みができる便利な消費者金融のサービスですが全国に自動契約機をたくさん持っていますので、店舗でのカード発行もできるのが特徴です。

プロミスで即日融資を利用したい時はインターネット申し込みが良いのか、それとも自動契約機は良いのか、迷ってしまうこともあるかもしれません。

この2つの申し込み方法はどちらを選んでも金利は同じですし、手数料などもかかりませんので、どちらか自分にとって便利な方を選びましょう。インターネット申し込みのメリットは自宅から手続きができるため店舗に行かなくてよいというところにあります。

銀行振込みで融資を受けますので申し込みをして大体1時間程度で利用開始できることもあります。自動契約機のメリットは銀行振込による融資が使えない夕方以降や土日でも即日融資が利用できる点です。

申し込みの際に提出する書類も自動契約機のスキャナで読み取ってもらえますので誰にも会わずに手続きを完了させることができます。

 

カードローンはショッピングのためにも使えて便利

個人向けの無担保型のカードローンは、事業のためのお金以外ならば特に使用目的は限定されないことが多いため、基本的に自分の好きなことに使えるのがメリットです。

例えば、普段着るファッションアイテムや自宅で使う家電製品、パソコンのゲームなどごく個人的なショッピングに使っても問題ありませんし、資格取得のための費用やビジネスマナーの講習など仕事をスキルアップさせるため の自己投資として使うこともできます。

もちろん申し込みをするときには審査がありますが、用意する書類も免許証などの身分証明書と収入証明書の2種類があれば手続きができます。

収入証明書は源泉徴収票や役所で取得できる課税証明書などの他にも、直近の給与明細で手続きができる場合もあり、書類の用意がものすごく大変ということはあまりありません。

インターネットから申込みができるサービスも増えていますので、事情があってお金が必要になってしまったというときに頼りになるサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA